三味似粋人 SHAMINIST 野澤松也 Matsuya Nozawa 創作浄瑠璃
By Rinrin Kudo Follow | Public

野澤松也プロフィール(広島県生れ)
歌舞伎の義太夫三味線方として活躍の三味線奏者。
重要無形文化財総合指定保持者。
1974年 国立劇場第1期文楽研修終了。野澤松之輔の内弟子となる。
同年4月、国立劇場文楽公演で初舞台。
1979年より歌舞伎の三味線方として現在に至る。(松竹歌舞伎で演奏)
同時に、国立劇場研修生講師、学習院大学非常勤講師を務めるなど、演奏家、講師として活動中。
2004年「創作浄瑠璃の会」設立。
2016年「三味似粋人JAPAN(シャミニストジャパン)設立。
松竹歌舞伎で舞台を務める傍ら、「日本の伝統文化は世界を救う!」をキャチフレーズに掲げ、ライフワークとして、昔話や民話、土地に伝わる話等を浄瑠璃風にアレンジした作品に作曲し、一人でも多くの人たちに「三味線や浄瑠璃」を身近に触れてもらえる機会を作ろうと、弾き語りでライブ活動を行い、小学生から大人まで日本各地で伝えている。

<創作浄瑠璃 作品例>
『広島咲希望花カンナ』『送り提灯』『友情泣赤鬼物語』『送り拍子木』『雛祭春夜夢如』『艶姿女舞衣』『降積雪六傘地蔵』『役者演閻魔大王」『天晴桃乃鬼退治』『灯り無し蕎麦屋』『おいてけ掘』『乙姫哀経移』『星願恋泡沫』『白狗心繋花咲翁』『暴猿子蟹仇討譚』他多数